お墓がない 

お墓がない!建てられない!そんな時は【自宅墓】

お墓がない!建てられない

お墓がないし建てられない・・・彷徨える遺骨はどこへ?

 

近年のお墓不足には目を覆いたくなるような事態になっています。
押入れに遺骨が収納されていたり大切な人をずっと寺院に預けていたり。
もしあなたが死んでのち、そのように扱われたらどう思いますか?

 

特に土地代が高騰している首都圏はお墓を建立するのに約300万円もかかってしまうようで
お墓がない家庭で誰かが亡くなられた場合、故人は心配で死んでも死にきれないでしょう。

 

あまり知られていない事実ですが、
実はお墓が建てられなくてもしっかりと埋葬する方法があるのです。それが【自宅墓】です。
                                                                                                                  こちら自宅墓・仏壇墓で故人を身近に

自宅墓っていったい何?

自宅墓実物

 

自宅墓とは書いて字のごとく自宅に墓をおくこと、ですが
通常の大きな墓石のお墓とは違います。
故人の骨壷が入る骨壷より少し大きめの石棺、とお考えください。
この石棺をお部屋などにおいて供養するのが自宅墓です。

 

納骨する遺骨を骨瓶ごと石棺の中に納骨し供養する、という
新しいタイプのお墓なのです。

 

厳選された高品質の石材を使用しながら
高齢者でも持ち運びできる大きさと重さを実現。
デザインも五輪塔と八角型の2種類があり、サイズも大・小の2種類があります。

 

お墓を家の中に置くことであなた自身の寂しさが紛れますし
何より故人も暗いお墓の中よりも家族と一緒にいるほうが喜びそうな気がしますね。

 

家の中はよくても庭はNG!? 法令をきちんと理解しよう

自宅墓実物

遺骨を家の中に置くことは全く問題ないのですが、
これが庭に墓を置くとなると法令的問題が発生する可能性が高いです。
そもそも墓地という土地は認可が必要で
どこにでも墓を建立してもいいわけではないからです。

 

正確に言うと遺骨を埋葬するのがダメなので
自宅墓では遺骨を土に埋めないから大丈夫かというと
ダメという決まりはないけどグレーゾーンとも言えます。
もし自宅墓を庭に置くことが可能だとすると
庭先に墓を作ってもいいということにもなりますからね。

 

現在法律によって定められている埋葬法では
認可がない場所に墓所は作ってはいけない決まりになっているのです。

 

ですので今のご家族がしっかりと故人のご供養をできるうちはご自宅に安置して
ご供養ができなくなった時にご遺骨を土に返してあげるのがベストだと感じます。
お墓を建てなくても樹木葬という方法もありますのでいずれは土に還してあげるつもりでご供養なさってください。

 

 

自宅墓のここが知りたい!

 

遺骨を手元に置くと成仏できないと聞きますが・・・?

遺骨を手元において成仏できないならお葬儀が終わった後もすぐに納骨しなければいけないことになります。
それよりも大切なことは故人を忘れずに時々は思い出し、供養して差し上げることではないでしょうか?
ご遺族の想いが故人を成仏に導いてくれると言っても過言ではありません。
しっかりとご供養できる体制を整えることが重要なのです。

分骨した遺骨を収めることは可能ですか?

自宅墓には2つのサイズがあるので分骨された骨瓶も収めることができます。
詳しくは公式サイトへご相談ください。

一度、自宅墓をしつらえると末代まで供養しないといけませんか?

決して末代まで供養が必要なわけではありません。
私的な意見になりますが遺骨は最終的に土に還すのが一番のご供養だと思っています。
末代までではなく、故人に縁の深かった方がご供養できるまで自宅墓で供養されて、
その間にお墓や永代供養墓、樹木葬墓地などをご検討されるのがいいでしょう。